MIX師一覧リンク

​応援・支援

​当サイトは現在管理人一人で管理をしており、ほぼ無償に近い形で運営をしております。今後の継続・発展のためにもしもご支援いただける方がいらっしゃいましたら、以下のリンクからよろしくお願いいたします。

©2019 by MIX師図鑑. Proudly created with Wix.com

​前置き

この記事では、自分の歌に自信がない歌い手さんや、下手な原因を知りたい・改善したい歌い手さん向けにその改善方法を紹介しています。ボイストレーニングに通わずに自分の歌を改善したい方は是非ご覧ください。

​はじめに

さて今回は自分の歌の下手さに悩んでいる歌い手さん向けの記事を書いていきます。まず、歌が下手だと言われたことがある、もしくは自分の歌は下手だと思っている人は大きく分けて以下の5パターンに分けられると思います。

①音程をよく外してしまう・音痴

②高音(低音)が出せない

③感情表現ができない(棒読みになってしまう)

④リズム感がない(走ってしまう・遅れる)

⑤早口が苦手(もたつく)

​ではまずこれらを克服する方法を考えていきましょう!

​あ、もちろんボイトレに通うなどの投げやりな方法は紹介しません!

【歌い手向け】下手な歌を改善する方法

①音をよく外してしまう・音痴

音程がとれない人は、以下の2パターン考えられます。

【1】あとで聞き返すと自分が音程を外しているとわかる人

【2】何回聞いても外れてるかどうか分からない人(音痴)

まず共通して必要なことは、原曲を何回も聴き込むことと、普段から色々な歌を聞いてそれを口に出して歌ってみようということです。小さい頃から歌をいっぱい聞いて歌ってきたり、楽器に触れてきた人は音感がある人が多いです。とにかく音楽に触れることが大事ですね。歌がうまい人と一緒にカラオケにいって、指摘してもらうなども有効な方法かもしれません。

【1】あとで聞き返すと自分が音程を外しているとわかる人

➡このパターンの人はちょっとした工夫や努力で改善できる見込みが高いです。まずはMIX(依頼)をする前に原曲と自分の歌のみの音源を一緒に流してみましょう。後から気付ける人であればどこが外しているか分かるはずなので、再録音しましょう。あなたにとって録音した音源は、本当の音程と照らし合わせ何度も確認できる財産です。そうして少しずつ自分の音程を矯正していけば、音感も自然とついていくでしょう。

【2】何回聞いても外れてるかどうか分からない人

​➡このパターンの人は少し厄介です。「音程違うよ」と指摘されても「え?どこが?」となってしまうので、①のパターンの人のように原曲と同時に自分の歌を再生しても音を外していることに気付けないでしょう。このパターンの人でやれることと言ったら、カラオケの採点機能を利用することでしょうか。歌っている間に正しい音程を表すバーと、自分が歌った音程が表示されるので、極力近づけるようにすると良いでしょう。まずは上がるべき場所で下げてしまっていたり、下げるべき場所で上げてしまっているところなどを重点的に直していきましょう!(※音程を気にしすぎると棒読みになってしまう危険性があります)

②高音(低音)が出せない

高音や低音が出なくて困っている方へ、まずは超高音(低音)は出せなくても良いということを言っておきます。男性なのに超ハイトーンを出せる有名歌い手さんなどに憧れてハイトーンを出そう出そうと思っている歌い手さんがいらっしゃるかもしれません。ボイトレを積んだり、普段から無理をしてでも高音で歌うよう心掛けていればある程度までは出るようになるかもしれません。

ただ、声帯がすでに出来上がっている年齢の方は中々音域を広げることは難しいと思います。それよりも大事なことがあります。それは、自分にあったキーで歌おう ということです。特にボカロの原曲はキーが高いですから、男性であれば中々あのキーを出せる人は少ないでしょう。別にそれでいいと思うのです。男性なら男性らしさを前面に出して歌えれば魅力的な歌になります。

​自分にあったキーはどうやって探せばいいのか。それは曲の中で一番高い音だと思う箇所を、一番声を張り上げた状態で歌ってみて、声がカッスカスになったり、ヒョロヒョロな裏声にならないキーを探してみましょう。そうすれば無理することなく、抑揚をつけて歌えるようになると思います。

③感情表現ができない(棒読みになってしまう)

感情表現ができない・棒読みになってしまう要因は色々と考えられます。

​【1】声量がない

【2】普段からあまり感情表現豊かではない

【3】聞き込み・歌いこみが足りてない

【4】頑張ってるつもりだけど・・・

一つ一つ見ていきましょう。

​【1】声量がない

➡棒読みになってしまう原因として、『ボソボソと歌っている』ことが考えられます。実家暮らしで親や兄弟に怒られるからあまり大きい声が出せないという方はもう他の録音場所を確保しましょうとしか言えません・・・ではなく元々声量がない人は、大声を出す練習をしましょう。そう、カラオケですね!もしくは部活でも構いません。お腹からめいっぱい声を出す機会を増やしましょう。おのずと声量はついていくでしょう。

【3】聞き込み・歌いこみが足りてない

➡聞き込み・歌いこみが足りてなければ探り探りで歌うことになりますから、感情を表現する余裕も生まれません。逆に感情表現にばっかり意識を向けていると音程やリズムを外してしまう危険すらあります。録音前には必ず聞き込み・歌いこみをしましょう!

【2】普段からあまり感情表現が豊かではない【4】頑張ってるつもりだけど・・・

➡音程やリズムは取れてるし自分なりには頑張ってるつもりだけどいまいちイメージ通りにならないんだよなぁ~という方。それは恐らく人生経験が足りていないからかもしれません。もしくは表現方法を他のひとから学ぶと良いでしょう。「人生経験足りないから?草ァw関係なくね?」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、歌うということは歌詞を読みます。ただ文字の羅列に想像上の感情をのせて歌った歌よりも、その歌詞を自分の人生経験と紐づけて溢れてくる感情のままに歌った歌のほうが心に響きませんか?「今まで辛いことや悲しいこといっぱいあったけどなー」という方は、経験は十分にお持ちだと思います。なので感情表現がうまい歌い手さんや、アニメの声優さんから学ぶと良いでしょう!特に声優さんは声の使い方のプロです。感情表現も多種多様で引き込まれますよね!勉強になるはずです!

④リズム感がない(走ってしまう・遅れる)

リズム感がない方はとにかく色んな曲を聞き込みましょう。歌がなくてもいいです!EDMとかクラブミュージックとかいいかもしれません。ビートが強く聞こえる曲が理想です。ドラムの音を集中して聞き、それに合わせて体を動かしたり、ドラマーの真似をしてみましょう(笑) これが結構リズム感を養うのに役に立ちます。もしくはDAW上でメトロノームを流しながら歌う練習をしてみても良いでしょう(※その際は曲のテンポをDAW側で設定してあげましょうね)!

⑤早口が苦手・もたつく

ボカロって結構普段使わないような難しい言葉を早口で歌っている曲って結構ありますよね(笑) 早口が苦手なせいで、カッコいいから歌いたいけど避けてる歌い手さんも結構いらっしゃると思います。

この点に関しては滑舌をどう直すかですね!普段からいっぱい喋る・言葉数を増やすように心掛けたり、早口の部分の歌詞をゆっくり発音してみて慣れてきたらちょっとずつ早くしていく、もしくは滑舌が良くなる顔の運動を毎日やるなど色々方法があります。

​他には少しずるい方法にはなりますが、録音する際にカラオケのテンポを落として、そのゆっくりなテンポで早口部分を発音し、録音し終わったらカラオケとボーカルのテンポを本当のテンポに戻す、という方法もあります。

まとめ

今回ご紹介した方法は正攻法の歌上達法ではないと思いますが、お金をかけずに努力や意識だけで『下手な歌を改善する方法』を紹介してみました!騙されたと思って一度試してみてください!

【​お役立ち記事一覧】へ戻る