MIX師一覧リンク

​応援・支援

​当サイトは現在管理人一人で管理をしており、ほぼ無償に近い形で運営をしております。今後の継続・発展のためにもしもご支援いただける方がいらっしゃいましたら、以下のリンクからよろしくお願いいたします。

©2019 by MIX師図鑑. Proudly created with Wix.com

​有償無償問題をぶっ壊す

​★前置き

​いつかはこの話題に触れなければいけないと思っていたので、早めに管理人の意見を述べておこうと思い記事にしました。

この問題は歌ってみた界隈に限らず、絵師さんや動画師さんなど個人間のコンテンツ提供において共通にしてあがる話題であり問題です。

 

まず結論としてはっきりと述べさせて頂きたいことは、

マナーを守れていれば有償でも無償でも問題はない

 

​ということです。マナーというと幅広い意味合いを持ちますが、具体的には言葉遣いや礼儀から始まり、約束事(納期・金額等)を遵守している限りは有償でも無償でも問題はないでしょう。理由はなぜか。

 

無償・有償でサービスを提供している方で非難を浴びがちなのはどちらかといえば有償側でしょうか。歌ってみた界隈で言えば、5・6年前まではMIX依頼を有償で受け付けている方というのは本当に名のしれたMIX師さん、もしくは本職のエンジニアさんくらいでした。ですがいつからか有償で依頼を受け付けるMIX師さんがちらほらと現れ、今では有償MIX師さんを良く見かけるようになりました。

 

有償受付の方が現れた当初は「あれで有償かよ」「お互いが趣味でやってんのに金とるのかよ」なんて意見もちらほら見かけましたが、私個人は依頼の対価としてお金を頂くことは自然な流れだと思っています。「個人だから」「趣味の範囲なんだから」と言われればそのとおりですが、サービス提供者側が設定した金額に対して、依頼者がサービス提供者のサービスの質を調べた上で金額に納得し結果依頼をしている点には他者が無為に口を出すことではないように思います。

 

現代のインターネット界隈ではこういった個人間でのサービスのやり取りというのは、多くの場所で見かけます。以前別記事において個人の特技を個人が決めた値段で販売できるサイトを紹介しましたが、そのサイトではMIX依頼・イラスト依頼・サイト作成・占い・人生相談など様々なジャンルの特技が売り買いされています。

 

少し離れたところで言えば配信サービスなんかはどうでしょうか。配信中に配信者さんに投げ銭ができるシステムをもった配信サイトって増えてきましたよね。その配信者さんに興味がない人から見れば、「なんであんなつまんない人に●●万もなげられるの」なんて意見もあるかもしれませんが、これだってリスナーさんがその放送が面白い・配信者さんを応援したい・自分を知ってほしい等、様々な理由で納得をしたうえで自分のお金を払ってやっていることです。

 

​これらの理由から、有償で受け付けている(お金をもらっている)ことに対してケチをつけるのは私的にはナンセンスだと考えています。「実力にあっていない」というのが主な否定意見として多く見受けられますが、必ずしも対価というのは「実力に対する対価」ではないのです。「作業時間」に対する対価なのかもしれないし、「作業機材の費用」に対する対価なのかもしれないし、「知名度提供」による対価なのかもしれません。またその対価に対する認識というのは、サービス提供者と依頼者で共通であるとも限りません。サービス提供者側が自身の「実力」に対する対価として金額を設定していても、依頼者側はそのサービスを依頼するにあたって単純に「作業量・時間」に対する対価として納得してその金額を支払っている場合もあるでしょう。

 

もちろん「実力」というのはサービスの質に関わってきますから、「実力(=質))」も担保されているべきです。この点から当サイトの歌い手さん向けお役立ち記事では、MIX師さんの過去担当作品を数種類聞いてから、依頼するMIX師さんを決めるよう注意を促しています。自分が依頼しようとしているサービスの質を調べないで金額を支払うというのは、日常生活で言えば初めて聞くメーカーの、性能がわからない電化製品を購入するようなものです。

 

​前置きが長くなりましたが、ここで当MIX師図鑑のTwitterアカウントにおいてフォロワーさんへ

​有償無償問題への意見を募集したので、次項ではフォロワーさんのこの問題に対する意見を加筆・修正なく掲載させて頂きます。プロフィール保護のため匿名での掲載になりますが、様々な視点からのご意見をご覧くださいませ!

​フォロワーさんの有償無償問題に対する意見集

絵師Aさん

​「有償がデフォになってほしいと思っております…… 無償で受け付けてしまう人がいるから、サービスにお金を払うという感覚が薄れているのかなって思っています……」

有償MIX師Aさん

「私は人にできないことをお願いする対価としてお金はわかりやすく気持ちを表現できるものだと思い有償にしています。 依頼者もお金を払っているだけあって作品クオリティを上げるためにジャッジが厳しくなります。 有償の問題点は無いと思います。 依頼者がお金を払って満足したらそこで納品完了 としております。 強いて言えばジャッジができずにそんなによく無いものにお金払うのはもったいないな〜って思うくらいです 満足してれば問題ないですけど」

​「無償の問題点は 感謝の気持ちがその後の態度でしか測れないってところだと思います 私が実際に体験したことですが MIX無償で依頼を受けた時にピッチ編集、ハモリ作成、リズム編集 などMIXではなくエディット作業も頼まれお願いされたので渋々やりましたが完成した音源に対して文句をつけられたことがあります そういった感謝の気持ちを明確に伝えられる人なら良いと思いますができないならお金払った方が間違いないです」

無償MIX師Aさん

「まず最初に、それぞれの考えあってのことなので結論から言うと どちらでも良いのではないかと思います。 まず、僕は無償です。 僕のツイートはどちらかと言うと有償批判に思われると思います。 それは、そうではなくて、 素晴らしい有償mixさんがいる反面、お金を頂く立場でありながら 適切な対応をしない有償mix師がいるからなんです。言葉は悪いですが、お金が絡む以上は騙されないようにです。 歌い手さんには学生さんもたくさんいます。これはネットショッピングと同じなんです。注意が必要なんです。」

​「また有償mix師さんは、どこの誰だか、とか会社名もわからない場合あります。 そこに、五千円程度の前払いは 普通に危険だと思いませんか?」

「もう一度言いますが 歌い手さんは学生さんが多いです。クオリティーとかの議論も大事ですが、あくまでも、未成年者が 利用する。ということも忘れないでください。」

「でも、有償mix師さんも、それを踏まえた良心的な人もいます。」

​「無償mixも、悪い人はいます。 でも、無償なので、やくそくは 人として守ろうね! くらいしか言えませんが。」

有償MIX師Bさん

「有償派と無償派どちらかといえば僕は有償派です 私的な話になりますが 無償時代は技術力の不安から タダでやっであげている゙ という感覚があったのと 雑に完成音源を扱わされた時の落とし所がなかったので 有償にしたらそれまでの甘えの部分が一切出せなくなるというのが僕の意見です

動画/音楽/ゲーム制作 Aさん

「個人的な意見としては、当人達が納得しているなら、そこは問題ないと思います。 たしかに【責任】や【価値】など有償化におけるメリットはあると思います。 ただ、気になるのは、オケ制作をしている方の許可の範囲です

「例えば非営利目的とあるオケの使用権限の曲で、金銭を受諾する事に問題はないのでしょうか? また、非営利と記載してないオケを公開されている方は、有償のmixをどう考えているか? それらは、市場縮小、衰退に繋がる可能性はないか? 上記に関しては問題があるように思います。」

​「自身がボカロPで、自分の曲で有償mixするなら、何も問題はないと思います。 しかし、それ以外の場合は「有償で当然」という考え方そのものは問題があるとは思っています。 ただし、当事者達が問題ないと考えるなら、それが正しいので当事者以外が口論しても【仕方ない】と考えてます。」

​有償・無償のメリットとデメリット

貴重なご意見をくださったフォロワーさんありがとうございました!皆さんこの問題に真剣に考えをもってらっしゃるんだと感じさせられました。

​ここで、私が思う有償依頼と無償依頼のメリット・デメリットをサービス提供者側と依頼者側の視点でまとめてみました!

有償依頼

【サービス提供者側】

 

メリット・・・自身で価格を設定できる/対価をもらえる/モチベーションを保ちやすい

デメリット・・・対価を頂いている分責任が重い/依頼が来づらい/納期に追われる可能性がある

【依頼者側】

メリット・・・ある程度の質を担保できる/お金を払っている分注文をつけやすい

デメリット・・・支払い金額に対するサービスの質に確実性がない/お金を払わなければいけない/連絡がとれなかった場合送金手段によっては返金されない

無償依頼

【サービス提供者側】

メリット・・・依頼や注文を取捨選択しやすい/自分のペースで作業に当たれる/依頼が来やすい

デメリット・・・対価はほぼない/モチベーションを保ちにくい

【依頼者側】

メリット・・・対価を用意しなくて良い/気楽に依頼できる

デメリット・・・サービスの質が比較的低い/連絡がとれなくなるなど比較的問題が起きやすい

あくまで上記は一例であり、人によってはメリットとデメリットが逆になる箇所もあると思われます。

有償依頼は、サービス提供者側は対価を払ってもらえることでモチベーションを保ちやすく、またその対価によって作業機材等に投資できるため自身のサービスの質を高めることにも繋がります。ただ、無償依頼に比べ無茶な注文でも依頼要項の範囲内であれば対応しなければいけなく、また依頼数が増えると納期に追われることになります。

依頼者側は料金を支払う必要がありますが、ある程度のサービスの質に期待が出来ます。また料金を支払っているためサービスの範疇であればこちらの希望を言いやすい点もメリットです。ただ、あくまで相手は個人である以上質にはムラがあり、​料金先払いなどの場合連絡がとれなくなったら返金には期待できない等、サービス・マナーの質が絶対確保されているとは言えない点はデメリットと言えるでしょう。

無償依頼は、サービス提供者側は有償依頼に比べ依頼が来やすいため作業に当たれる時間が増えます。また対価をもらっていない分、依頼者側の意見を取捨選択しやすく、こちらの意見を通しやすい点はメリットといえるでしょう。ただ、対価がないため、技術力向上を目的として無償でやっていた場合、ある程度技術力がついてくるとモチベーションを保ちにくくなるかもしれませんね。

依頼者側は対価を用意しなくていいため比較的気軽に頼みやすく、途中で連絡がとれなくなるなどなった場合でも失うものは少なくて済むでしょう。ただ有償依頼に比べサービスの質は劣っている可能性が高く、相手の責任感の薄さから色々な問題は起きやすいでしょう。

​もちろん「無償の人は~」「有償の人は~」という括りでその人のマナーや質を判断することはできませんが、比較的偏りがちだというお話です。結論無償でサービスの質が高い人は神だということですね!

まとめ

​如何だったでしょうか。とにかく伝えたかったことは、有償無償関係なく、サービス提供者側と依頼者側でマナーを守れていれば問題は起きないということです!また、有償無償に良し悪しはないのでお互いに批判しあうことは避けてほしいです。

​ここまで読んでくださってありがとうございました(o*。_。)oペコッ

【​お役立ち記事一覧】へ戻る